原則として自由に開業できますが、業種(一般公安、保健衛生関連等)によっては監督官庁へ許認可を申請するなど、一定の手続きが必要になります。無許可、無認可で営業すると営業停止や罰金を受けることがありますので、注意が必要です。許認可が必要かどうかわからないときは関係機関の窓口に問い合わせてください。

 申請時期は会社設立の手続きとの兼合いもあり、金融機関からの融資を受ける場合も許認可がおりているかどうかが、前提となりますので、早めに準備しておくことが必要です。 

 

保健所

警察署

都道府県庁その他官庁

・ 飲食店営業
・ 喫茶店営業
・ 菓子製造業
・ 食肉販売業
・ 魚介類販売業
・ 旅館業
・ 理容・美容業
・ クリーニング業
・ ペットショップ業
・ 風俗営業
 (マージャン、パチンコも含まれる。)
・ 古物商
・ 警備業
・ 指定自動車教習所など
・ 酒類販売業
・ 各種学校
・ 一般旅行業及び代理店業
・ 宅地建物取引業
・ 建設業
・ 運送業
・ 人材派遣業
・ 自動車整備業
・ ガソリンスタンドなど

 

●-----------------------------------------------------------------

個人と法人の比較 会社形態の比較 会社設立手続きの流れ 開業の許認可が必要な業種

従業員の募集・採用 記帳・経理 資金繰り 手形・小切手
融資制度 創業に関する助成金 参考資料ダウンロード

-----------------------------------------------------------------●