伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶とは
伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶とは
トップページへ戻る>>
伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶とは
伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶とは
煎茶(せんちゃ)は、緑茶 すなわち不発酵茶の一種で、蒸熱により茶葉の酵素を失活させて製造する(蒸す)という点で、
世界的にも珍しい茶であり、生産、消費ともほぼ日本に限られています。
 元来、煎茶は手揉み製法により製造されるもので、江戸時代中期に宇治田原の永谷宗七郎(宗円)により考案されたと
伝えられています。
 文化的視点からは抹茶 (挽茶)を戦国時代以来の大名の茶文化とするならば、煎茶は中世以降の日本の庶民の茶文化と
いえます。
 明治時代以降、手揉みにかわる効率的な機械製法が考案され、現在では蒸熱、粗揉、揉捻、中揉、精揉、乾燥の6工程で
製造されています。
品質としては、形状が細く針状のものを良とし、香気は特に一番茶新芽の新鮮な香りを保持したものが良いとされています。
 また、滋味には特有の旨味と適度な渋みのバランスが重要で、このような品質上の特性を重視することから、その製造工程
においては茶葉の短時間の蒸熱とそれに続く低温乾燥というきめ細かな注意が払われています。
 当初の「煎茶」は、文字通り「煎じる茶」の意味で、茶葉を湯で煮出すことによって成分を抽出するため、今日のように急須で
手軽に淹れられるものではありませんでした。
近世には「揉み」の行程が入るようになり、現在の煎茶(それまでの煎じ茶と違い、急須で出せる茶は「だし茶」であるともいわれ
ています)の製法は、煎茶の流行とともに普及し、現在の日本茶の主流となっています。


伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕伊勢茶とは
 伊勢茶(いせちゃ)とは、三重県内、とくに旧伊勢国で古くから産出していた日本茶のことです。
代表的な産地は四日市市水沢地区、宮川上流域(松阪市、度会町、大台町)、鈴鹿市、亀山市、菰野町南西部などです。
新茶の収穫は、早い所では4月下旬から始まり、国内茶葉生産で三重県は第3位。
しかし全国的に知られている静岡県のものや宇治茶、狭山茶などと比べると、残念ながら知名度は総じて高くありません。
しかし、近年需要が高まっている加工用原料茶(アイスクリームなどに使用)には全国第1位のシェア(82%)で非常に高い
ウェイトを占めるため、今後順位が入れ替わる可能性があるとの指摘もあります。

三重県 伊勢茶 水沢茶・鈴鹿茶・亀山茶・美杉茶・大台茶・度会茶・飯南茶・香肌茶・大宮茶・伊賀茶・深山茶