伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶の煎れ方
伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶の煎れ方
トップページへ戻る>>
伊勢茶 贅沢な時間:煎茶 深蒸し煎茶〔全国茶品評会出店仕様〕煎茶の煎れ方
急須(3人分で200ml)や茶碗はやや小振りのものをご用意下さい。
できれば水道水ではなく、市販のお水をお使いになるとより一層おいしくいただけます。


ポットのお湯の温度は90℃位になっています。
目標温度は50℃〜60℃にしますので、急須のお湯を新しい茶碗に移すごとに温度は
5℃〜10℃ずつ下がります。
それらを2回から3回繰り返して、お茶に適した湯温にします。
(お湯は必ず一度、沸騰させたものをご使用ください。)



お茶の葉の分量を計って急須に入れます。
2〜3人分5gを入れますのでカレースプーンに軽く1杯程度をお入れください。
(1人分の場合、茶葉はやや多めにお入れください。)


茶碗で適温にしたお湯を急須に3杯注ぎ入れふたをし、おいしさを抽出します。
抽出時間は煎茶は2〜3分、深蒸し煎茶は30秒〜1分が目安です。



3つの湯呑みにお茶の量、お茶の濃度が均等に入るように何回かに分けて注ぎます。
これを「廻し注ぎ」と言います。湯呑みを1つずつ満たしていくと、最初の湯呑みは薄い
お茶、最後の湯呑みは、濃いお茶になってしまいます。
次に大切なことは、最後の1滴まで搾り切るということです。これは、急須の中にお湯が
残っていると、お茶が出続けますから二煎目がおいしく楽しめなくなりますので、大切な
作業です。この最後の1滴においしさがつまっています。



お茶は生モノです。扱い次第で品質を保つことも、損なうこともあります。
変質を防ぐには、密封容器に入れて冷暗所に保存することをおすすめします。ご家庭では冷蔵庫での保存が最適です。

↑ページの一番上へ