平成19年度事業活動 一般事業 ● 女性部 ●_

女性部トップへ _


日 時:平成19年7月3日(火)
場 所:松阪市 華王殿

県下5商工会広域連合から選出された代表者が、女性部活動や女性部員としての活動を発表しました。

最優秀賞:津・伊賀商工会広域連合代表 伊賀市商工会女性部 欠田昌子さん
          テーマ「女性部活動と地域振興・まちづくり
              〜街並景観アップと防犯に一役〜」
   
※最優秀賞を受賞された欠田さんは、8月に行われ た中部ブロック大会(於:石川県)に三重県代表 として出場され、優秀賞となりました。

<その他受賞結果>
  優秀賞 :志摩・度会商工会広域連合代表 南伊勢町商工会女性部 長井 妙子さん
          テーマ「女性部活動と地域振興・まちづくり
              〜18年かけて手に入れたたからもの〜」

  特別賞 :北勢商工会広域連合代表 東員町商工会女性部 朝倉 たま子さん
          テーマ「女性部活動と地域振興・まちづくり
              〜時代のニーズに合った女性部活動〜」

        松阪商工会広域連合代表 多気町商工会女性部 大西 裕子さん
          テーマ「女性部活動と地域振興・まちづくり
              〜汗も宝 心の糧に〜」

        東紀州商工会広域連合代表 紀北町商工会女性部 竹中 瑛子さん
          テーマ「女性部活動に参加して
              〜私と商工会女性部〜」



日 時:平成19年7月18日(水)〜19日(木)
場 所:兵庫県 人と防災未来センター
  
※平成17年度より取り組んでまいりました「防 災事業」の総まとめの年として事業を取組む にあたり、阪神・淡路大震災の経験と教訓を 後世に継承し、国内外の災害による被害の軽 減に貢献することを目的に建設された「人と 防災未来センター」への研修・視察いたしま した。



日時:平成20年2月8日(金)
場所:三重県男女共同参画センター多目的ホール

 平成17年度より取組んできた防災事業について、県下各商工会女性部員250名の参加と商工会役員12名のご臨席のもと、一色県女性連会長挨拶、ご多忙の中、遠路よりおこしいただいた末武新潟県女性連会長よりご祝辞を頂戴し研修会を開催しました。
 研修会は、県下女性部が取り組んできた防災事業について、各商工会広域連合単位に経過報告が行われました。また、会場には、防災関連の展示(きな粉カンパンおやつ・防災ずきん・ほのぼのあかり・防災グッズ)や各地域の「防災マップ」等のパネル展示も行いました。
 続いて、平成16年10月23日に発生した新潟県中越地震において甚大な被害があった山古志村の五十嵐女性部長をお迎えして、異例の全村避難という3年間の避難所・仮設住宅での生活等、体験談を拝聴しました。
 五十嵐部長より、未曾有の大地震に遭遇し、幸運にも命があったこと、また、多くの人々の温かい心にふれることができ、山古志に戻り生活ができることに深く感謝している。また、地震の前には何もできないけれど、日頃から備えることは必要であり、食料品は日々食べながら保存できるものを買い置きしておくのが良いなど、実体験を通じて感じたことが示され、今後の防災事業の取り組みに大いに参考となりました。
 最後に、県女性連一色会長より、今までの事業推進のお礼と、今後も協力事業所の拡大と部員の災害対応能力の向上を図ることと併せ、心のケア面に対する新たな取り組みを行っていきたいとの提案があり、部員およびご臨席の商工会役員の方々の本事業に対する更なる協力をお願いし、盛会裡に研修会を終了しました。
   
 
  
 



日時:平成20年3月18日(火)
場所:松阪市 華王殿

 各部会より、地域の特産品を原料に創意工夫した和菓子・あられ・お寿司や地元で採れた椎茸・じゃこ・卵・あおさ・こんにゃくなどが出展されました。
 出席者の方々には、商品に対するチラシやポスターをご覧いただいたり、出展者から商品説明を受けたりして、物産だけでなく部員間の交流が広がったように思いました。
 即売会は、出展数に対して購入希望者が多数となり、抽選を行うなど、和やかな雰囲気で実施されました。
 売上金については、商工会地域における災害等に迅速に対応できるよう福祉事業基金として積立をさせていただきました。

 
  

特定事業へ _

_